MENU
境内神社

境内神社

杵築宮/子之大神きづきのみや/ねのおおかみ

杵築宮/子之大神(きづきのみや/ねのおおかみ)

御祭神

月讀命つきよみのみこと須佐男命すさのおのみこと大国主命おおくにぬしのみこと住吉三柱大神すみよしみはしらのおおかみ

祭日

8月20日

杵築宮の由緒

明治初年特に養蚕・海運関係者の信仰が篤く、生糸及び蚕種の守護神として崇敬を集めました。

子之大神の由緒

野毛地区の氏神様で、元野毛四丁目あたりに鎮座されていましたが、第二次大戦禍に遭い炎上し、昭和26年より杵築宮に合祀されています。

大神神社磐座おおみわじんじゃいわくら

大神神社磐座(おおみわじんじゃいわくら)

御祭神

大物主大神おおものぬしのおおかみ

祭日

4月9日

由緒

伊勢神宮ご鎮座2000年奉祝の記念事業として、平成8年に大国主大神の和魂にぎみたま大物主大神おおものぬしのおおかみが岩そのものに宿っている磐座を、大和国(奈良県)一ノ宮、三輪山の大神神社の御分霊として移設鎮座されたものです。

ページの先頭へ