伊勢山皇大神宮の神前結婚式

伊勢山皇大神宮の神前結婚式

港ヨコハマの総鎮守から
幸せあふれる船出を

現在広く執り行われている神前挙式の姿は、明治33年の皇太子殿下(後の大正天皇)の御結婚の礼に始まります。
本来は御皇室の挙式として定められたものでしたが、宮中の祭祀と、和の美しさを受け継ぐその姿は、
日本人の結婚式に相応しいものとして、広く民間でも行われることとなりました。
当宮は、明治35年に神奈川県において初めてこの神前挙式を執り行いました。
以来120年に渡って、夫婦の縁を結び、その船出を見守り続けています。

ご注意 
当宮には披露宴・会食会場はございません。
(ご相談頂ければご紹介を致します。)

式次第

参進(さんしん)巫女の先導により、新郎新婦と両家親族が殿内へ入場します。
修祓(しゅばつ)神職が祓詞を奏上し、新郎新婦以下参列者をお祓いします。
献饌(けんせん)大神さまにお食事をお供えします。
祝詞奏上(のりとそうじょう)神職が祝詞を奏上し、お二人の結婚を大神さまに奉告し、その行く末永い幸福を祈願します。
誓詞奉読(せいしほうどく)お二人が夫婦として永久に添い遂げる誓いを立てます。
三献の儀(さんこんのぎ)夫婦の絆を結び固める盃を交わします。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)いにしえよりの作法に従い、大神さまに玉串を捧げて拝礼します。ご参列の方も合わせて拝礼します。
指輪交換(ゆびわこうかん)大神さまが見守る中で、結婚指輪の交換をします。
巫女舞奉奏(みこまいほうそう)神楽「豊栄の舞」を奉奏します。
親族固めの盃(しんぞくかためのさかずき)両家親族を結び固める乾杯をします。
記念品授与(きねんひんじゅよ)当宮より記念の品をお授けします。
退下(たいげ)巫女の先導により、新郎新婦と両家親族が殿内より退出します。
《神楽 豊栄の舞》
祭祇舞の中でも代表的な歌舞で、乙女舞とも呼ばれます。

あけの雲わけうらうらと 豊栄昇る朝日子を
神のみかげと拝めば その日その日の尊しや