MENU
七五三詣

七五三詣

明治5年より例祭日が5月15日と定められて以来、戦前のご祭礼には横浜の市内官公庁を始め、会社・工場・学校に至るまで休日となり、まさに市民を挙げてお祝いを申し上げておりました。

受付方法

当宮では予約は不要です。
皆様ご一緒に社務所へお越しの上、受付をお済ませ下さい。

受付時間

9時~16時
受付後、随時御奉仕致します。

初穂料

【1万円】 拝殿祈祷、神札、お守り、撤下品

七五三とは

七五三とは

古へ幼児は「7歳までは神の内」と言い、それまでの成長は神のご加護によるものと感謝し、特に3歳の男女、5歳の男子、7歳の女子をお祝いすると共に、今後の更なる健やかな成長を祈る儀式です。

七五三絵馬

七五三絵馬

お祝子様のご健康とご多幸をお祈りすると共に、将来の夢や希望、願い等をご記入頂き祈願する七五三絵馬をお頒ちしております。
初穂料 1,000円

千歳飴

千歳飴

お子様の健康長寿を願う縁起物の千歳飴に幣串守を在中し、お頒ちしております。
初穂料 800円

ページの先頭へ